赤ちゃん のアトピーを阻止|ママが守ってあげて

婦人と乳児

改善に効果的です

赤子

スキンケアが大切です

赤ちゃんのアトピーは決して少なくはありません。アトピーは比較的早期から発症するアレルギーの一つで早い子の場合には生後1ヶ月や2ヶ月など乳児早期の段階で発症します。発症は頭部や顔などから始まり少しづつ胸や背中など体幹部分へと広がります。この赤ちゃんのアトピーは免疫システムが発達してくる1歳から2歳ごろになると自然と改善することも多い点が特徴となっています。赤ちゃんのアトピーで大切なことはこの改善期を迎える間までしっかりとスキンケアを続けて湿疹の症状を悪化させないようにすることです。アレルギーはひとたび発症すると慢性化してしまうケースもあります。とくにアトピーの場合は症状も悪化しやすいアレルギーなので赤ちゃんがアトピーと診断された場合にはこまめなスキンケアを行うようにしましょう。

ベビー用品がおすすめです

赤ちゃんのスキンケアで大切なのはこまめな入浴と着替えです。とくに赤ちゃんは新陳代謝が活発で汗をかきやすいので注意しましょう。入浴してしっかりと汗を流した後はベビーローションやベビーパウダーなどで肌の乾燥や汗による不快感をおさえてあげるのが効果的です。アトピーの場合は寝ている間にも無意識のうちに患部を掻いてしまうことで皮膚のバリア機能を壊してしまい悪循環に陥ることがありますがベビーローションやベビーパウダーには汗をおさえて痒みの原因を少なくする効果があります。またアトピーの場合にはホコリやダニが症状を悪化させる要因となります。そのためベビーベッドなどで使用している布団はこまめに天日干しを行いホコリやダニの発生を少なくすることも大切となっています。