子供の安全を守るもの|赤ちゃん のアトピーを阻止|ママが守ってあげて

赤ちゃん のアトピーを阻止|ママが守ってあげて

レディ

子供の安全を守るもの

女の人

設置が不可欠だ

6歳以下の子供を乗せて自動車を運転する場合、チャイルドシートを設置するのがルールです。法律にきちんと記載されているので、ルールを守らないと罰則を受けることになります。そもそもチャイルドシートとは、小さな子どもを座席に固定させる装置のことです。生まれたばかりの赤ちゃんの場合、ベビーシートといわれるチャイルドシートを取り付けます。これは、自動車の進行方向に対して後ろ向きに取り付けることになります。交通事故で幼い子供が怪我、死を招く最大の原因は、自動車乗車中の事故といわれています。チャイルドシートを設置する事で、事故時に子供が頭や胸を強く打ち付けるのを防げます。また、車の衝突で車外に放出されるのも防いでくれます。大きな怪我、死亡など悲劇を防ぐ上で、チャイルドシートは欠かせないといえます。

正しい取り付け方

交通事故の際に、子供の命を守るためにチャイルドシートは必需品です。取り付けるのが面倒、高いという理由で買わないのは、絶対に良くないです。ただチャイルドシートは、取り付け方を間違えると効果がないです。例えば、自動車の中でも助手席に設置することは厳禁です。というのも、車の衝突時にエアバックが作動して、体に大きな衝撃となるからです。事故の際に最も安全な座席は、車の後部座席の中央です。この位置は、正面衝突、横からの衝突の際に最も被害が少なくなります。なので、必ずチャイルドシートは後部座席の中央に取り付ける事が大事です。それと、子供の体に合っていないシートを使うと、事故の衝撃から身を守れないです。なので、きちんと子供のサイズに合うように調整する事が大事です。